どんなメニューがあるの?介護食の適切な利用に役立つ知識を詳しく紹介

こちらのサイトは、自宅に介護をしなければならない家族ができたときでも、毎日の食事をしっかり工夫しながら作れるようにする、どのようなメニューがあるのか分かりやすく解説していきます。
中には思うようにご飯を食べてくれないなどのケースも少なくありません。
介護食の適切な利用に役立つ知識、調理に良く利用される食材や調理するときに使用する機器や道具、そしてあると便利な調理器具など幅広く触れているので参考にされることをおすすめします。

どんなメニューがあるの?介護食の適切な利用に役立つ知識を詳しく紹介

介護食を作るときには食事を食べる人の噛む力と飲み込む力、これらの機能がどのくらい劣っているのかにより調理するポイントが大きく変わります。
刻み食は通常の食事を細かく刻んだもので、介護食の中では定番のメニューになるものです。
刻み食は飲み込む力はあるけれども噛む力が弱って来た人に最適な介護食で、能力の度合いでソフト食やミキサー食、そしてミキサーを利用してペースト状もしくはゼリー状にしたゼリー食などの工夫が大切です。

食べる能力の衰えを考慮して介護食を選択

介護食は個人の食事を口に入れてかみ砕き、飲み込むという一連の動作である「嚥下能力」に合わせて選択する必要があります。
その理由は嚥下機能が低下している方で一番心配なのが気管に食べ物が入り込んでしまう誤嚥性肺炎があり、命にかかわる事もあるためです。
一般的に考えても、繊維の強い野菜などは噛んでから飲み込むまでに時間がかかります。
介護食でも繊維の強いものや乾燥しているものや弾力のあるものは食べにくいものとします。
食べやすいものは、細かく刻んだものやプリンのような柔らかさの食べ物、ペースト状やゼリー状のものなどがあります。
人それぞれ、嚥下機能の衰えは異なりますので、その人にあった食事を考えていく必要があります。
特に高齢者であれば、入れ歯などの個人差もあるので、医師や栄養士など専門家へ相談し介護食のレベルを決める事が重要です。
例えば、よかれと思ってとろみを濃くしすぎると誤嚥に繋がる事もあるので、専門家に相談するといいでしょう。

ゼリー状やペースト状の介護食が多い理由

普段生活している中で食事のメニューを気にする事はありますが、食べ物の状態について気にする人は少ないです。
若い人であれば食事する上で苦労する事は殆どなく問題はありませんが、歳をとる事で食事の状態にも注意が必要になります。
介護が必要な人にたいして準備する介護食ですが、通常の状態ではなくゼリー状やペースト状が多いのにも理由があります。
介護食による食事が必要な人の場合、嚥下自体が難しかったり障害がある人も多いです。
嚥下自体は食べ物を咀嚼した後に飲み込む行動ですが、筋肉の低下など様々な要因から嚥下が上手に出来なくなる人がいます。
飲み込む際に喉に詰まったり、食道に上手に運ばれないなど様々な障害が出てきます。
命に関わるケースもあるので、より飲み込みやすく負担のかからない状態としてゼリー状の食べ物を用意する事が大切です。
ペース状であれば少しずつゆっくり飲み込みやすく、誤嚥になるリスクをぐっと抑える事につながります。

洋食が好きな人に適した介護食は?

介護食は和食でないといけない理由はありません。
煮込んで煮崩れした和食がよいとは限りません。
和食には塩分も多く含まれるので汁物にも注意が必要です。
洋食でも注意は必要ですが、例えば和食のお味噌汁や汁物に変わるものは、よく煮込まれるコーンスープやポトフ等もあります。
手間はかかるかもしれませんが素材そのものをスープにすることにより、しっかりと栄養をとることが出来ます。
介護食と考えればむしろ洋食の方が種類は多いのではないかという意見もあります。
柔らかい食事が多いのが良いところです。
お粥の変わりになるものはリゾットなど味も沢山あります。
沢山噛まなければいけないお肉などもよく煮込むシチュー等にすればなにも問題なく食べることが出来き、野菜も柔らかくなります。
食事は大きな楽しみの1つであるので、介護食だからといって、我慢して食べてもらう事は好ましくありません。
好きなものを楽しく食べることにより健康にもつながります。

介護食の宅配サービスを利用する手順

介護食の宅配サービスを利用したいときには、まず会社を選びます。
宅配をしている企業は沢山あり、その中から一つだけ選ぶのです。
自分の生活習慣や食の好みに合うものを見つけるためにも、じっくり時間を掛けて選ぶのがポイントです。
探すときには一括検索や資料請求をして、出来るだけ多くの情報を集めます。
情報を集めることで選択肢の幅が広がり、自分にピッタリのサービスが見つけやすくなるのです。
その中から比較検討して、一つに決めます。
一つに絞ったら、いよいよ申し込みです。
氏名や住所などの基本情報、さらに介護食のメニューや配達日数など細かいことを伝えます。
安否確認のサービスも行っていることもあり、利用したいときにはそれも申し込みましょう。
支払い方法も確認して、手続き完了という手順です。
指定した日時に食事が到着したら、それを受け取りましょう。
常温で提供されるものは何もせずにそのまま、冷凍なら電子レンジで加熱してから食べます。

筆者:生野謙

筆者プロフィール

山口県岩国市生まれ。
介護食についての気になる情報を発信しています。
介護食 宅配